tyt-164

以前のリビジョンの文書です


管理番号: TYT-164
妖異通称: フィラデルフィア実験
危険レベル: レベル0
本計画は1943年に終了しています。
対応状況: なし。


駆逐艦エルドリッジ

● [ 非公開 ]

● なし

フィラデルフィア実験は、米海軍の秘密兵器「磁場発生装置テスラコイル」を開発する「フィラデルフィア計画」の一環として行われました。

この実験は1943年にペンシルベニア州フィラデルフィア港沖にて駆逐艦「エルドリッジ」を使って行われました。

現在公開されている公文書においては、本実験は「船全体に磁気を帯びさせることで、敵のレーダーから探知されないようにする」ことを目的として実施されたとされています。

[機密制限:丁級]

[機密制限:丁級]

本実験の実際の目的は、時空の連続体にひずみを生じさせることであったことがヴェノラ極秘文書にて判明しています。いわゆるワープ実験であり、当時交戦下にあった帝国の領海内に軍艦を送り込もうとするものでした。

本実験で発生した事故により、フィラデルフィア計画は中断し、以降、ネオマンハッタン計画が本格的に始動することとなりました。

なし

なし。

なし




CREDIT

©2019 帝国妖異対策局
License: CC BY 4.0

評価
 stars  from 0 votes
  • tyt-164.1571628647.txt.gz
  • 最終更新: 2019/10/21 12:30
  • by tytman