tyt-153

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
tyt-153 [2019/05/08 12:50]
hachistudio
tyt-153 [2019/05/08 12:50]
hachistudio
ライン 2: ライン 2:
 ==== TYT-153 - 炎の吸血鬼 ==== ==== TYT-153 - 炎の吸血鬼 ====
 **管理番号:** TYT-153\\ ​ **管理番号:** TYT-153\\ ​
-**妖異通称:** ​フサッグァ\\ +**妖異通称:** ​炎の吸血鬼\\ 
 **危険レベル:** [ レベル0~5 若しくは特種 ]\\  **危険レベル:** [ レベル0~5 若しくは特種 ]\\ 
 [ レベル解説。基本《情報の見方》から引用し、必要があれば補正。\\ ​ [ レベル解説。基本《情報の見方》から引用し、必要があれば補正。\\ ​
ライン 18: ライン 18:
  
 ===== 広域情報 ===== ===== 広域情報 =====
-ガラドボルグは世界に唯一つしか存在しないそうですが、所持者が旅行好きな場合、英国パスポートが通用する国々にも出現する可能性があります。\\  +
 ===== ポイント ===== ===== ポイント =====
 [ 妖異についての解説 ]\\  [ 妖異についての解説 ]\\ 
- 
-ガラドボルグはウェールズの伝説に登場する剣の名称です。伝説では3つの山の頂を切り落としたと言われています。英国情報機関によるとこの剣を手にした者は、自分のことをアルスター伝説の英雄フェルグス・マク・ロイヒの子孫であると信じるようになってしまうとのことでした。スージーさん自体はロンドン在住の女子大学生で普通の人間です。 
  
  
  • tyt-153.txt
  • 最終更新: 2019/05/08 12:50
  • by hachistudio