tyt-083

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

次のリビジョン
前のリビジョン
tyt-083 [2019/05/03 05:38]
hachistudio 作成
tyt-083 [2019/06/25 08:11] (現在)
tytman
ライン 1: ライン 1:
-==== TYT-桁の数字 ] [タイトル] ​==== +==== TYT-083 - マウス兄弟 ​==== 
-**管理番号:** TYT-[ 三桁の数字 ]\\  +**管理番号:** TYT-083\\  
-**妖異通称:** ​[ 通称/​俗称 ]\\  +**妖異通称:** ​マウス三兄弟\\  
-**危険レベル:** ​レベル0~5 若しくは特種 ]\\  +**危険レベル:** レベル0\\  
-[ レベル解説基本《情報見方》から引用、必要あれば補正。\\  +遭遇しても特に問題はありません物品や事象場合、接触ても問題発生する可能性は低いでしょう。 
-**対応状況:** ​[ 帝国妖異対策局の現在の対応状況 ]\\ +とはいえ、対象と積極的な関わり合いを持つことは避けるべきです。\\  
 +**対応状況:** ​被害報告は無いため調査継続中です。\\ 
 ===== 外観 ===== ===== 外観 =====
 {{:​rat-4075129_1280.jpg?​400|}}\\ ​ {{:​rat-4075129_1280.jpg?​400|}}\\ ​
-[ 妖異の映像等 ]\\ +TYT-083\\ 
  
 ===== 関連事件 ===== ===== 関連事件 =====
-[ 事件いての概要 ]\\ +● 東北地方の幼児が、夜しゃべるネズミに遭遇した逸話が近年増えてます。\\  
 +一部の地域では都市伝説“マウス三兄弟”とし小学校等で人気があるとことです。\\  
 +しゃべるネズミは3匹一緒に出現し、それぞれが『チュー太郎』『チュー次郎』『チュー之助』と名乗っています。\\  
 +子供の悩みや愚痴を聞き、アドバイスを残して去っていく点が、どの地域でも共通しています。 
 +\\ 
  
 ===== 広域情報 ===== ===== 広域情報 =====
-[ 妖異の存在が確認されている場所 ]\\ +● 現在、東北地方に存在が確認されています。\\  
 +他の地方は調査中です。\\ 
  
 ===== ポイント ===== ===== ポイント =====
-[ 妖異についての解説 ]\\ +【とある作家のコラムより抜粋】 
 + 
 +子供の頃見た不思議なものというのは、なかなか忘れられないものだ。 
 +外灯に群がる蛾や、見たこともない貝殻、いも奇妙な独り言を言ってる担任教師…どれも私は忘れられない。これがすべ真実だったか、アニメや漫画のワンシーンを現実と混同して覚えているのか。今となってはそれすらもよく分からない。 
 +だが一つだけ、これは絶対に現実だったと確信して覚えているものがある。 
 + 
 +“あれ”に初めて遭遇したのは、私が幼稚園の時だった。 
 +当時の私は気弱で泣き虫な男の子だった。外遊びが好きだけど、私より体格が良かったり気の強い子には、いつも押し負ける。泣いて帰って来ては、母に「もっとガツンと言ってやんな!」と叱られたものだ。 
 +その日も私は、幼稚園ですべり台の強奪戦に負けて泣いて帰って来た。両親に情けないと言われどうすれば良いのか分からず、子供部屋の布団に潜っていた。悔しさで涙が溢れ、私は一人しくしくと泣いていた。 
 +静かな夜の子供部屋には、私の啜り泣きしか聞こえてこない…しかし、ふと物音がした。 
 + 
 +かさっ…かさかさ…っ 
 + 
 +音が聞こえた瞬間、身を硬くした。大嫌いなゴキブリが出たのかと思ったのだ。 
 +だが、それはゴキブリなんかではなかった。 
 + 
 +チチチ…チチチ… 
 + 
 +小さな鳴き声…ネズミだった。私は彼等がどこにいるのか確認しようと、布団から顔を覗かせた。 
 +なんと小さなネズミが3匹、私の枕元に並んでいたのだ。それだけでも十分驚くのだが、さらに驚くべきことが起きた。 
 + 
 +『チュー太郎!』 
 +『チュー次郎!』 
 +『チュー之助!』 
 + 
 +“我ら!マウス三兄弟!” 
 + 
 +ネズミが…高らかに叫んだのだ。動物とは思えない動きでポーズまでキメていた。 
 +私は呆然とネズミたちを見つめていた…涙はいつの間にか引っ込んだ。 
 + 
 +『おい、お前。何をメソメソしている!』 
 +『どうせ幼稚園でいじめられたんだろ』 
 +『可愛いネズミさんが話を聞いてやらないでもない』 
 + 
 +偉そうな口振りだった。私は反射的に頷き、幼稚園でのことを話した。非現実的なことが目の前で起きているのに、子供の私は意外とそれを受け入れることが出来た。 
 +ネズミたちは私の話を聞き終わると、チィチィ声をあげた。 
 + 
 +『泣き虫だな!』 
 +『か弱いやちゅ!』 
 +『根性出せ!意地悪するやちゅは押し返せ!』 
 + 
 +彼等の言葉に、私は何故か勇気づけられた。 
 +他にも偉そうなことをチィチィ言って、満足したのか勝手に部屋のどこかに走り去って行った。 
 + 
 +その翌日から、私は少しだけ気が強くなり、メソメソ泣くことが無くなった。 
 +それでも成長と共に悩みは増えていく。小学校では勉強について行けなくなったり、友達と喧嘩したり…色んなことがあった。 
 +だがその度に、マウス三兄弟は私のすすり泣き部屋に夜な夜なやって来て、私の愚痴を聞いてくれるのだ。偉そうに口悪く助言をし、たまにどこから持ってきたか分からない菓子をくれたりして走り去って行く。 
 +小学校中学年くらいから、マウス三兄弟に会っていない。ネズミの寿命は短いから、もしかしたら兄弟みんな死んでしまったのかも… 
 + 
 +そう思っていたが、先日小学生の息子から意外なことを聞いた。 
 + 
 +「パパ、昨日の夜ね。しゃべるネズミさんたちに会ったよ。マウス三兄弟って言うんだって!」 
 + 
 +私の息子のところにも現れたらしい。 
 +彼等が何者かは分からない。 
 +あれは妖精の一種なのか、妖怪なのか…だが子供に勇気を与える不思議な三兄弟ということは間違いない。\\ 
  
 ===== 対応詳細 ===== ===== 対応詳細 =====
-[ こ妖異に対し帝国妖異対策局がとっている対応やその状況等 ]\\ +子供へ危害などは現段階で報告されいませんので、引き続き調査を続けます。 
 +尚、食べ物や菓子類を置いていくの報告も上がっており、れらは貰っても絶対に口にしないようにして下さい。 
 +もし口にしてしまった場合は、かかりつけ小児科にご相談下さい。 
 +\\ 
  
 ===== 懸賞金 ===== ===== 懸賞金 =====
-[ この妖異に対して掛けられている懸賞金について、出資団体や金額等 ]\\ +現在懸賞金はかけられていません。\\  
 + 
 +===== 映像情報 ===== 
 +{{youtube>​FdjHXfXafQo}}\\ ​\\  
 + 
 + 
 +---- 
  
 === CREDIT === === CREDIT ===
-(C) 2019 \\ +(c) 2019 浅倉喜織\\ 
 License: [[https://​creativecommons.org/​licenses/​by/​4.0/​deed.ja|CC BY 4.0]]\\ ​ License: [[https://​creativecommons.org/​licenses/​by/​4.0/​deed.ja|CC BY 4.0]]\\ ​
 +画像は[[https://​pixabay.com/​photos/​fantasy-portrait-surreal-woman-3041033//​|pixabay]]より引用([[https://​pixabay.com/​service/​license/​|Pixabay License]])。
 +
 +{(rater>​id=83|name=評価|type=rate)}
 +~~socialite~~
  
 {{tag>​記事 }} {{tag>​記事 }}
  
  • tyt-083.1556829506.txt.gz
  • 最終更新: 2019/05/03 05:38
  • by hachistudio