tyt-065

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
tyt-065 [2019/08/28 08:10]
tytman
tyt-065 [2019/08/28 08:52] (現在)
tytman
ライン 28: ライン 28:
 礼儀正しく接すれば、言葉数は少ないものの、或る程度の会話には応じてくれるようです。礼儀を失する行動を取ったり、TYT-065-Aにとって不快な言動があると、大型犬が恐ろしいうなり声を上げるとのことでした。 礼儀正しく接すれば、言葉数は少ないものの、或る程度の会話には応じてくれるようです。礼儀を失する行動を取ったり、TYT-065-Aにとって不快な言動があると、大型犬が恐ろしいうなり声を上げるとのことでした。
  
-門番との会話を行った帰還者からの情報をまとめると、 +門番との会話を行った帰還者からの情報をまとめると、\\  
-・TYT-065-A自体は摩訶井村の者ではなく、彼自身、村に入ったことはない。 +・TYT-065-A自体は摩訶井村の者ではなく、彼自身、村に入ったことはない。\\  
-・摩訶井村の住人との交流があり、村についての情報はある程度持っている。 +・摩訶井村の住人との交流があり、村についての情報はある程度持っている。\\  
-・摩訶井村は、非常に閉鎖的な村である。 +・摩訶井村は、非常に閉鎖的な村である。\\  
-・帝国の支配を受けていない。 +・帝国の支配を受けていない。\\  
-・ひとたび村に入れば、二度と戻ることはできない。+・ひとたび村に入れば、二度と戻ることはできない。\\ 
  
 彼自身の証言を信じるとすれば、TYT-065-Aは五十年以上この場所で門番を続けており、その間、摩訶井村に入った外部の人間が再び村から出てきたことはなかったようです。 彼自身の証言を信じるとすれば、TYT-065-Aは五十年以上この場所で門番を続けており、その間、摩訶井村に入った外部の人間が再び村から出てきたことはなかったようです。
  • tyt-065.txt
  • 最終更新: 2019/08/28 08:52
  • by tytman