評価
 stars  from 0 votes

TYT-064 - ショゴス

管理番号: TYT-064
妖異通称: ショゴス
危険レベル: レベル3
遭遇した場合は対象に気付かれないよう最大限の注意を払いつつ退避してください。物品や事象の場合、直ちにその場から離れます。 非常に危険な対象です。もし貴方の存在が相手に認識された場合、生命に関わる危機的状況に陥っていると考えるべきです。
対応状況:
鋭意捜索中。目撃された場合は直ちに帝国妖異対策局に通報してください。


目撃者の証言に基づいて描かれたもの

●南極探検隊遭難事故
1930年にミスかトニック大学のダイアー教授が率いる南極探検隊が遭難した事件。この事件ではレイク分隊を含め殆どの隊員が死亡若しくは行方不明となっています。 生還した2名のうち、ひとりは錯乱状態から回復することはありませんでした。もう一人は地質学者であり、リハビリによって正常な健康状態を回復することができたように見えました。しかし後に南極探検隊の再派遣が議論されたとき、彼はそれを阻止するための支離滅裂な意見書を提出したことから、彼も精神面において回復不可能な狂気を抱えてしまっているのではないかと考えられています。

●南極以外での目撃情報はありません。

[機密制限:乙級]
認証完了- 情報を開示します。

アメリカ合衆国マサチューセッツ州エセックス郡インスマスにおける一連の事件において、ショゴスと思われる存在が確認されたとの報告がFBIに存在しています。

[開示終了]

現在のところ帝国内での目撃情報は存在していません。しかし、いくつかの要妖異監視団体が関係する事件において、ショゴスを帝国内に持ち込もうとする動きがあることが判明しています。現在は情報が少ないことからショゴスの生態については殆どわかっていません。南極から生還した地質学者が提出した意見書には、ショゴスは不定形なブロブであり、物凄い膂力を持っていること、そして「テケリ・リ」という鳴き声を発するということが記載されています。

帝国妖異対策局ではショゴスを鋭意捜索中です。ショゴスに関する情報について何かご存知の方は帝国妖異対策局までご連絡ください。

懸賞金は掛けられていません。


CREDIT

  • tyt-064.txt
  • 最終更新: 2019/05/01 08:17
  • by hachistudio