tyt-056

以前のリビジョンの文書です


TYT-056 - カワハギ兎

管理番号: TYT-056
妖異通称: カワハギ兎
危険レベル: レベル3
遭遇した場合は対象に気付かれないよう最大限の注意を払いつつ退避してください。物品や事象の場合、直ちにその場から離れます。非常に危険な対象です。もし貴方の存在が相手に認識された場合、生命に関わる危機的状況に陥っていると考えるべきです。
対応状況:
無力化済み。


遭遇時、気づかれる前に突進を仕掛ける不破寺局員。

● 令和年から四年にかけて帝都内で発生した複数の猟奇殺人事件に関与していることが判明しています。 令和二年の■■大学自殺サークル事件では8名犠牲者を出したことを皮切りとして、確認が取れているだけで■■名の殺人を犯しています。この犠牲者数は、今後の調査の進展によりさらに増加していくものとみられています。

●帝都以外での犯行は現在のところ確認されていません。

TYT-056は当初、兎の着ぐるみを来た猟奇殺人者と考えられていました。これが妖異であることが判明したのは令和二年九月に発生した■■■■遊園地事件において、TYT-056の犯行の様子が監視カメラに残されていたことと、警察が到着するまで生存していた犠牲者がひとり存在していたためです。※彼はその数時間後に病院で息を引き取っています。

[機密制限:丁級] 認証クリア 《閲覧開始》 以下は、現場で犠牲者とやりとりを行った警察官へのインタビューです。

インタビュー対象:■■■ ■■(帝都警視庁所属) インタビューア:TN80K-Hachi

[インタビューログ]

《記録開始》

Hachi:それでは■■さん(※犠牲者)はどのようなことを■■■様におっしゃったのでしょうか。

■■■:他に残された被害者と同様に、とても……その……[間]……酷い状態だったので、声も小さく途切れ途切れであまり聞き取ることができませんでした。

Hachi:聞き取れた部分だけで結構ですよ。

■■■:はい。はっきりと聞き取れたのは「兎が」……その……「俺の娘を喰った」……と。[動揺し始める]

Hachi:■■さん? 大丈夫ですか?

■■■:お、俺の腕を……あ、ああ、あんな状態だったのに俺の腕をしっかり掴んで、俺に必死で訴えていたんです。ほ、ほとんど聞き取れませんでしたが、い、いい言いたいことは十分過ぎるくらいわかりました。[過呼吸]

Hachi:わかりました。■■■さん、休憩にしましょう。

《記録終了》

《閲覧終了》

監視カメラに残されていた犯行映像には、5名の犠牲者を殺害した後に[検閲]する様子が残されています。その中で対象によって捕食されたのは2名であることから、殺害したものを全て食べるということではないようです。他の事件においても、現場が同じような状態となっていたことから、これがTYT-056の犯行パターンであると判断されています。

TYT-056は犠牲者に対する行動から「カワハギ兎」と呼ばれるようになっていました。TYT-056が静止状態にある場合の外見は「着ぐるみの兎」そのもののように見えますが、犠牲者の殺害や捕食中の行動を見ると、着ぐるみではありえない動きを行っていることが確認できます。TYT-056は素早い動きに加えて鋭い爪を持っており、監視カメラでは瞬時に5名の殺害を完了していました。

帝国妖異対策局は、令和四年に■■区■■■ビルの屋上にてTYT-056を発見。対象の動きが素早く逃走される危険性があり、ターゲットとした犠牲者に自らを「無害な着ぐるみ兎」と認識を歪曲する能力を持っている可能性があることから、対象に気付かれる前にこれを無力化しまています。

懸賞金は掛けられていません。

CREDIT

Author: HachiStudio
License: CC BY 4.0

  • tyt-056.1555565850.txt.gz
  • 最終更新: 2019/04/18 14:37
  • by hachistudio