評価
 stars  from 0 votes

TYT-047 - イースの大いなる種族

管理番号:TYT-047
妖異通称:イースの大いなる種族
危険レベル:レベル3
遭遇したら気付かれないように退避してください。
非常に危険な妖異です。もし貴方の存在が相手に認識された場合、生命に関わる危機的状況に陥っていると考えるべきです。
対応状況:
捜索中。目撃した場合は帝国妖異対策局までご連絡ください。


この妖異によって精神交換されたとされる勝門和三教授によるスケッチ。

●三須香取大学教授失踪事件[1984年]
三須香取大学で政治経済学を教えていた勝門和三教授が1984年5月始め、突然として奇妙な行動を取るようになり同月14日木曜日に失踪。行方知れずの状態が続く中、1913年9月に自宅の居間にて倒れているところを発見された。教授には失踪中の記憶がいっさいなかった。その後の調査で、同じ時期に米国でも類似の事件が発生していたことが判明。調査を行っていた米国の組織と情報交換を行った結果、精神交換を行う妖異の存在が確認された。

●帝国以外でも類似の事件が報告されています。

イースの大いなる種族については、日本と米国の被害者によるインタビューから得られた情報と、文献に残されている断片的な情報のみとなっています。これらの情報から類推すると、この妖異は時間を越えて別の生命体と精神を交換する能力をもっており、それを使うことで自分たち種族の保存と知識の収集を行っているようです。 精神交換された場合、その対象は妖異の世界において自分が所属している世界に関するあらゆる知識を記録する作業に従事させられます。逆に、被害者側の世界では、イースの大いなる種族の精神を宿した被害者の肉体を使って、その世界についてあらゆる知識を吸収しようと活動するようです。一定期間が過ぎると再び精神交換を行い被害者は元の状態に戻されますが、その際、精神交換中の記憶は消去されるようです。

捜索中。目撃した場合は帝国妖異対策局までご連絡ください。

現在、懸賞金は掛けられていません。


CREDIT

Author: HachiStudio/帝国妖異対策局
License: CC BY 4.0

  • tyt-047_-_イースの大いなる種族.txt
  • 最終更新: 2019/05/01 08:16
  • by hachistudio