tyt-040_-_魚神さん

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
tyt-040_-_魚神さん [2019/05/05 21:21]
hachistudio
tyt-040_-_魚神さん [2019/06/12 19:45] (現在)
hachistudio [対応詳細]
ライン 6: ライン 6:
 対象に害意があった場合、貴方が助かる見込みはまずありません。知性を有する妖異であれば交渉の余地はあるかもしれません。 対象に害意があった場合、貴方が助かる見込みはまずありません。知性を有する妖異であれば交渉の余地はあるかもしれません。
 ※もし可能であれば、死亡するまでの間、メモ等で情報を残すようにお願い致します。あなたの貢献は必ず後の人々の役に立つはずです。\\ ​ ※もし可能であれば、死亡するまでの間、メモ等で情報を残すようにお願い致します。あなたの貢献は必ず後の人々の役に立つはずです。\\ ​
-**対応状況:** ​[ 帝国妖異対策局の現在の対応状況 ]\\ +**対応状況:** ​調査中。\\ 
 ===== 外観 ===== ===== 外観 =====
 {{:​the-fishermen-3039591_1280.jpg?​400|}}\\ ​ {{:​the-fishermen-3039591_1280.jpg?​400|}}\\ ​
ライン 12: ライン 12:
  
 ===== 関連事件 ===== ===== 関連事件 =====
-事件にいての概要 ]\\ +● 平成15年印巣村漁民失踪事件\\  
 +印巣村で、その年の豊漁を願う魚神祭の後行われる地引網に参加した村人25名が行方不明となった事件。目撃者が一人もないことから、網の引手だけではなく観光客等も含め、当時浜にいた全員が失踪したものと考えられいます。現場に残されていた唯一手掛かりとなったスマートホンには、地引網を引きながら海へ引き込まれていく人々の様子が撮影されていました。
  
 ===== 広域情報 ===== ===== 広域情報 =====
-[ 妖異の存在が確認されている場所 ]\\ +● なし\\ 
  
 ===== ポイント ===== ===== ポイント =====
-[ 妖異についての解説 ]\\ +印巣村周辺には、古来より魚神に対して不信心な行いをなした者は、海の中にある魚神の屋敷に連れていかれて下人として永遠に働かされるという伝承が残されています。同地域についての事件記録を調査したところ、平成以前にも同じような事件が時折発していたことが判明しました。当該地域の風俗について書かれた古文献「九十九里風土記」には、当該地域周辺では古より海から来たとされる魚神、多根之神を信仰しており、豊漁を願って毎年人身御供を海に捧げていたということが記されていました。\\ 
  
 ===== 対応詳細 ===== ===== 対応詳細 =====
-[ この妖異に対して帝国妖異対策局がとっている対応やその状況等 ]\\ +事件以降、印巣村では地引網は行われなくなりまたが、その後も周辺の海岸では毎年数名の行方不明者が出います。帝国妖異対策局では、夕刻から夜明け前までの時間帯には、同地域の海岸に近づかないよう勧告を出しています。\\ 
  
 ===== 懸賞金 ===== ===== 懸賞金 =====
-[ この妖異に対して掛けられている懸賞金について、出資団体や金額等 ]\\ +懸賞金は懸けられていません。\\ 
  
 === CREDIT === === CREDIT ===
-(C) 2019 \\ +(c) 2019 HachiStudio\\ 
 License: [[https://​creativecommons.org/​licenses/​by/​4.0/​deed.ja|CC BY 4.0]]\\ ​ License: [[https://​creativecommons.org/​licenses/​by/​4.0/​deed.ja|CC BY 4.0]]\\ ​
  
 {{tag>​記事 }} {{tag>​記事 }}
- 
  • tyt-040_-_魚神さん.1557058876.txt.gz
  • 最終更新: 2019/05/05 21:21
  • by hachistudio