tyt-026

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
tyt-026 [2019/05/05 09:39]
hachistudio
tyt-026 [2019/06/25 18:24] (現在)
tytman
ライン 2: ライン 2:
 **管理番号:** TYT-026\\ ​ **管理番号:** TYT-026\\ ​
 **妖異通称:** 無限図書館\\ ​ **妖異通称:** 無限図書館\\ ​
-**危険レベル:** レベル1\\  +**危険レベル:** レベル4\\  
-遭遇した場合なるべく回避・退避します。物品や事場合、接触避けべきす。 +対象の存在を認知した時点で貴方補足されています。 
-このレベル対象は直ちに脅威となる存在ではあませんが、関わりこと避けるべきです。\\  +に害意があった場合、貴方が助かる見込みまずありません。知性を有す妖異あれば交渉余地はあるかもしれません。\\  
-**対応状況:** 調査。\\ +※もし可能であれば死亡するまでの間にメモ等で情報残すようにお願い致します。あなたの貢献は必ず後の人々の役に立つはです。\\  
 +**対応状況:** ​対象の図書館にて定期的に実地調査を行っております。\\ 
 ===== 外観 ===== ===== 外観 =====
 {{:​library-425730_1280.jpg?​400|}}\\ ​ {{:​library-425730_1280.jpg?​400|}}\\ ​
-[ 妖異の映像等 ]\\ +TYT-026\\ 
  
 ===== 関連事件 ===== ===== 関連事件 =====
-●[ 事件にいての概要 ]\\ +【2002年8月】\\ \\  
 +××大学工学部の男子学生が「夏休みの課題をしに行く」と家族に言って、夜になっても帰宅しないという事件が発生しました。\\  
 + 
 +警察が大学図書館入り口設置されてた監視カメラを確認したところ、図書館内に入ったところのみ確認が取れました。\\ 
 +  
 +図書館内で事件事故に巻き込まれた可能性を考え、図書館関係者や大学関係者に聞き取り捜査をしましたが、連れ去りや自殺を裏付ける証言は得られませんでした。\\ \\  
 +現在も男子学生行方は不明のままです。 
 +\\ \\  
 +【2010年11月】\\ \\  
 +大学勤務の助教授が同大学の図書館内で行方不明になる事件が発生しました。\\  
 + 
 +状況は2002年の事例と酷似しており、帝国妖異対策局は助教授の捜索と図書館内で何らかの怪異が無いか調査を開始しました。 
 +\\ \\  
 +【2019年4月】\\ \\  
 +同大学図書館で新入生が行方不明になる事件が発生しました。警察は事件と事故両方の方面から捜査を開始し、帝国妖異対策局は怪異として調査を進めました。\\  
 + 
 +行方不明になって24時間後、図書館のエントランスで呆然としている新入生を保護しました。\\  
 + 
 +行方不明になった新入生は「図書館の中が増殖し、迷路のようになった」と話しています。\\ 
  
 ===== 広域情報 ===== ===== 広域情報 =====
-[ 妖異存在が確認されている場所 ]\\ +● 都内私立大学附属図書館で確認されています。\\  
 +図書館の設立は1970年代ですが、怪異が確認されたのは2002年が最初です。\\ 
  
 ===== ポイント ===== ===== ポイント =====
-[ 妖異いての解説 ]\\ +■2019年、保護された大学新入生の証言\\ \\  
 +オリエンテーションの後で、なんとなく図書館行ったんです…どんなところかなって興味が出て。大学の図書館なんて初めてだったし、専門書も市立図書館よりたくさんあるんだろうって…。 
 + 
 +1階のエントランスを通って、2階に行きました。2階は私の専攻する学部の専門書がたくさんあるって聞たから…。\\  
 + 
 +それはその通りで、色んな本がありました。市立図書館じゃ予約しないと読めない本や、取り扱っない論文集もあって、私は楽しくなってそれをしばらく眺めてました。\\  
 + 
 +腕時計を見たら16時を回っていて、図書館を出ようとしたんです。\\  
 +私が居たは『14番』の本棚でした。隣には『13番』と『15番』の本棚があります。\\  
 +しかし、通路を抜けて曲がった先にあったのは…『5番』の本棚でした。おかしいと思って振り返ったら、本棚に囲まれた通路がどこまでも、どこまでも続いていたんです。\\  
 +上を見上げれば、天高く本棚が聳えて…。\\  
 + 
 +おかしい…なんで…!?とパニックになりました。\\  
 +通路の曲がり角を右に曲がると、『8番』の棚が。さらに進んで左に曲がると『26番』の棚。\\  
 +右へ左へ…迷路のようでした。どんなに走っても曲がっても、出口に辿り着けない。無限に増殖したように、どこまで行っても本棚ばかり…。\\  
 + 
 +どれくらい彷徨っていたか分かりません。保護されて、一日経っていたと知った時は驚きました。 
 + 
 +え?他に誰かいなかったかって…?\\  
 + 
 +私以外の誰かに会った記憶はありません。それは確かです。\\  
 +でも…本棚に矢印のようなものが書かれていたり、不自然に積み上げられた辞典を見かけたりはしました。\\  
 +ただの落書きと呼ぶには、少し不自然ですよね。 
 + 
 +あの…もしかして、あの図書館に閉じ込められたのは、私だけじゃなくて、他にも誰か……。\\  
 + 
 +え?何ですって?過去にも行方不明者が?\\  
 +学生と助教授が…?あぁ…そんな…、そしたら、あの矢印や辞典は…その人たちが迷路を出ようとした痕跡…。\\  
 + 
 +いいえ、見てません、本当に知らないんです…死体なんて見てません!信じてください、私しかいませんでした、あの迷路には、本当に私だけだったんです!一人でずっと本棚の迷路を走り回って…!\\  
 + 
 +なんで出られたかなんて分かりませんよ!気が付いたら、出口に出てこれたんです、本当なんです…! 
 + 
 +【※錯乱状態に陥ったため、その後睡眠薬で眠らせ休息を取らせました。状態を見て聞き取りを再開します】 
 +\\ 
  
 ===== 対応詳細 ===== ===== 対応詳細 =====
-[ こ妖異対して帝国妖異対策がとっている対応やそ状況等 ]\\ +2019年4月に保護された学生から証言を元員による実地調査を定期的に行っております。\\  
 +また、2002年と2010年に行方不明になった被害者捜索も継続中です。 
 +\\  
  
 ===== 懸賞金 ===== ===== 懸賞金 =====
-[ この妖異して掛けれている懸賞金について、出資団体や額等 ]\\ +帝国妖異対策局か懸賞金は、現在のところありませんが、大学側では図書館内で起きた過去の事件についての目撃証言に対する謝礼を用意しています。 
 + 
 +===== 映像資料 ===== 
 +{{youtube>​WcBoeC9XYFY}} 
 +\\  
 +\\  
 + 
 +---- 
  
 === CREDIT === === CREDIT ===
-(C) 2019 \\ +(c) 2019 浅倉喜織\\ 
 License: [[https://​creativecommons.org/​licenses/​by/​4.0/​deed.ja|CC BY 4.0]]\\ ​ License: [[https://​creativecommons.org/​licenses/​by/​4.0/​deed.ja|CC BY 4.0]]\\ ​
 +画像は[[https://​pixabay.com/​photos/​fantasy-portrait-surreal-woman-3041033//​|pixabay]]より引用([[https://​pixabay.com/​service/​license/​|Pixabay License]])。
 +
 +{(rater>​id=26|name=評価|type=rate)}
 +~~socialite~~
  
 {{tag>​記事 }} {{tag>​記事 }}
  
  • tyt-026.1557016741.txt.gz
  • 最終更新: 2019/05/05 09:39
  • by hachistudio