tyt-015_-_ナコト写本

以前のリビジョンの文書です


評価
 stars  from 0 votes

TYT-015 - ナコト写本

管理番号:TYT-015
妖異通称:ナコト写本
危険レベル:レベル3
遭遇した場合は対象に気付かれないよう最大限の注意を払いつつ退避してください。物品や事象の場合、直ちにその場から離れます。 オブジェクト自体には異常性はないと考えられていますが、様々な団体・組織が常に狙っていることから、非常に危険なものです。
対応状況:
万一対象を発見したとしても、決して手に取ることなくその場から離れ、速やかに帝国妖異対策局までご連絡ください。


ナコト写本を撮影したとされる写真。

●[非公開]

●現在、欧州・米国の主要図書館に計5冊の不完全版が保管されています。

ナコト写本は人類史以前の歴史や知識が記述されているとされる奇書です。現存する写本は全て英語版となっており、完全版の存在については噂の中で語られているだけ、それを見たものは誰もいません。しかし完全版・不完全版問わず、学者やコレクター、オカルティストは常にこの写本を入手するために手を尽くしています。その中には要妖異監視対象団体として指定されているような組織・団体もあることから、興味本位で写本に近づこうとするのは避けた方が良いでしょう。要妖異監視対象団体が 引き起こしている殺人事件の中には、この写本が関連したと思われるものが少なくありません。

[機密制限:乙級]

[機密制限:乙級]

元々のナコト書は巻物であり、人類以前の種族によって書かれたものであると考えられています。それを氷河期以前の北極の民であるロマール人が研究し、やがてハイパーボリアに持ち込まれその土地の言語に翻訳されました。この翻訳版にはヴァ―アミ族やゾブナの研究者によって追記が行われています。その後、翻訳版は「ナコトの同志」と呼ばれる秘密主義のカルトによって長らく保存され、そこでギリシャ語に翻訳されています。現在の英語版は15世紀にギリシャ語版を翻訳したものとされています。最初の巻物として書かれたナコト書、ハイパーボリア草稿、ギリシャ語草稿については、そのいずれもが現在では失われてしまっていると考えられています。オカルティストの中には、それら失われた草稿の一部がイースの大いなる種族が管理する図書館都市プナコトゥスに保管されていたと主張する者もいます。

写本に書かれている内容については、古代に信仰されていたと思われるヒキガエルの姿をしたツゥトゥグア神などの古き神々、冷たい廃墟として埋もれた都市カダス、当時の科学的知識、魔術、哲学等について語られているとされます。

一般情報には公開されていませんが、これまで複数のアノーマラスな組織・団体、人々の手を渡り歩いている可能性が高いことから、写本にはそれを閲覧(内容だけではなく外観も含め)することによって何らかのミーム効果が発生する確度が非常に高いと考えられています。

現在、帝国妖異対策局では対象を探しています。

有効な目撃情報に対しては金一封が帝国妖異対策局から支給されます。 ※金一封といってもAmazonプライム一か月分程度です。そこから発生しかねない危険を考える限り、そもそも目撃すること自体避けるべきである点に注意してください。


CREDIT

(C) 2019 HachiStudio/帝国妖異対策局
License: CC BY 4.0
画像はpixabayより引用(Pixabay License)。

 

  • tyt-015_-_ナコト写本.1556665979.txt.gz
  • 最終更新: 2019/05/01 08:12
  • by hachistudio