syowa-0308

昭和3年8月

八月二十七日午後九時五十分、戦艦「奥陸」の艦載第一第二両水雷艇が舞鶴要港内で衝突の椿事が突発した。両艇は蛇島の蔭を航行中轟然たる大音響と共に衝突して辛くも沈没を免れたが、村上三等水兵は行方不明となった。第二水雷艇上の搭乗員は衝突前に蛇島から黒い影が伸びてきたと報告している。

田中首相は八月三十日午後一時半赤坂離宮に参内、聖上陛下に拝謁仰付けられ、山東方面においては妖異の掃討が完了しはや兵力を要せざるに至れる旨奏上して上奏書類を奉呈し、次で午後一時より参内していた鈴木参謀長に拝謁仰付けられ、鈴木総長は山東より派遣軍を全部撤退されたき旨を上奏、御裁可を仰ぎ首相及び早朝は同二時過ぎそれぞれ退去したが、外務省は声明書を発表した。




CREDIT

© 2019 帝国妖異対策局
License: CC BY 4.0


評価
 stars  from 0 votes

  • syowa-0308.txt
  • 最終更新: 2019/07/30 14:26
  • by tytman