ss004

誘拐怪人 ケムール人の誘拐阻止

《 対決!ケムール人 》

絶賛迷子中だった局長は、ショタの悲鳴を耳にした。

声がした方に目をやると、遠くから何か黒い影がこちらに向かって走ってくるのが見えた。

影が近づくにつれ、それがショタを脇に抱えて走っていることに局長は気が付いた。

とっさに影の進路上に飛び出して、局長はその行く手を阻んだ。

黒い影の姿をはっきりと視認した局長は、それがケムール人であることを理解した。

恐らく捕食(性的な意味で)目的でショタを攫おうとしていたのだろう。

局長「ケムール人!」

雷鳴のような怒声を浴びせると、突然の闖入者に驚いたケムール人はショタを取り落としてしまった。

局長は思わぬチャンスをつかんだ。

しかし、ケムール人は足が速い。逃げられると追いつけなくなるかもしれない。

瞬間の判断で、局長はまばたきする間も与えず大技を繰り出した。

局長「鋼龍!」

ケムール人「ぴゃぁぁぁ!」

ケムール人はその場に倒れ、泡立つ赤色の液体と化して消えていった。

(おわり)


CREDIT

© 2019 帝国妖異対策局
License: CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International

評価
 stars  from 0 votes

  • ss004.txt
  • 最終更新: 2019/09/07 21:19
  • by tytman