TYT-007 - 食わず女房

管理番号:TYT-007
妖異通称:食わず女房/二口女
危険レベル:レベル1
遭遇した場合はなるべく回避・退避します。物品や事象の場合、接触は避けるべきです。 このレベルの対象は直ちに脅威となる存在ではありませんが、関わりを持つことは避けるべきです。
対応状況:
この妖異を目撃した場合は、帝国妖異対策局までご連絡ください。


TYT-007

●なし

●帝国各地でこの妖異に類似するものと考えられる民話・伝承等が残されています。

頭部にもう一つの口を持つこの妖異については、「食わず女房」や「二口女」として昔からその存在が知られていました。妖異の中では数も多いことからその調査研究も進んで来ています。この妖異は基本的に《大食いである》ということ以外は特に人に害を為すことはありません。頭部以外は人間とほぼ変わりがないことや、頭頂部の口の食事は本人の無意識の間に行われる場合もあることから、自分が妖異であることを自覚しないまま生涯を送る個体もあるようです。

多くの場合、結婚した夫婦のいずれかが自分たちのエンゲル係数の高さに疑問を抱き始めるところから、この妖異の発見につながることが多いようです。この夫婦が裕福かつパートナーが《人外萌え》だった場合は、その後も結婚生活が続けられることが多いようですが、そうでない場合は深刻なトラブルへと発展することがあります。昔話や伝承においてはこの妖異が山姥や鬼が化けていた存在であると伝えている場合が散見されますが、実際はトラブルに陥ったパートーナーによる悪意によってこのような表現になったのではないかと考える学説も存在しています。

この妖異の摂食行動は本体部分と頭頂部の口部分とで別々に行われます。頭頂部の摂食は無意識下で行われる場合もありますが、意識の有無に関わらず通常は深夜の時間帯に行われます。食べ物の嗜好については本体の嗜好と同じですが、頭頂部で摂食された食物は体内へと送られるわけではなく、途中で完全に消失してしまうことが分かっています。

帝国妖異対策局では、特に問題を起こすこともなく、通常の国民生活を営んでいる個体については特に対応を取ることはありません。ただし個体数と位置の把握のため、目撃した場合の通報をお願いしています。

懸賞金は掛けられていません。


CREDIT

(C) 2019 HachiStudio/帝国妖異対策局
License: CC BY 4.0

  • tyt-007_-_食わず女房.txt
  • 最終更新: 2019/04/19 17:43
  • by hachistudio