• タグ別アーカイブ: 赤ん坊の泣き声
  • 怖い話「赤ん坊の泣き声」

    数年前のこと。被害者を自宅から巧みに誘い出して殺害する恐ろしい殺人鬼のことが、SNS上で話題になったことがある。

    ある晩のこと、中年女性が家の中で、座って新聞を読んでいた。彼女の夫は、夜勤の仕事が多かったので、彼女は家で一人でいることが多かった。

    夜も更けてきたので、そろそろベッドに入ろうかという時、彼女は家の外に奇妙な音を聞いた。その音はまるで赤ん坊がないているかのようなもので、どうや玄関にある植え込みから聞こえてくるように思えた。

    気味悪いと思ったが、その正体を見極めたいという気持ちも強くなっていた。そのとき、飼い犬が彼女の足もとから飛び出し、玄関に向かって吠え、激しくうなりはじめた。彼女は不安を感じ、足を止め、かわりに警察を呼ぶことにした。

    彼女から赤ん坊のような泣き声がするという話を聞いた警察は、「わかりました。何があってもドアを開けないでください」と答えた。

    女性は、電話を持ったまま数分間待った。やがてサイレンの音が聞こえ、二人の警官がやってきた。一人の警察官がチャイムを鳴らして彼女に到着を知らせる一方、もう一人が庭の植え込みを調べた。

    女性はドアを開いて警官を入れた。警官は人形を片方の腕に抱きかかえていた。彼女はその人形の腹部にスピーカーが付いていることに気が付いた。警官が人形の腰部にある再生ボタンを押さえると、例の赤ん坊の声が聞こえてきた。

    警官は、夜中で一人でいる女性をターゲットにした連続殺人犯がいることを説明した。その殺人鬼は、こうしたトリックを使って女性を騙して、玄関から外へ誘い出すのが常套手段だということだった。そいつは、庭の茂みに潜んで、赤ん坊の声を鳴らすのだ。

    録音された赤ん坊の泣き声は、女性には凄く気になってしまうようで、簡単に家の外に誘い出すことができるということだった。そしてその女性が赤ん坊の声を手掛かりに当たりを探しているときに、植え込みの陰等から姿を現して、殺人を行うのだと言う。

    警官によると、ここ数日、彼女と同じように家で一人にいるときに、家の外で赤ん坊の声を聞いたという連絡が何件かあったということだった。その殺人鬼は、近隣の街で既に二人の女性を殺害しており、もし先ほど犬が吠えなかったら、彼女が三人目の犠牲者になっていたかもしれなかった。

    この赤ん坊の泣き声を使った殺人鬼の話は以前からネット界隈では噂になっていたものの、彼女や犠牲者のように実際に被害が発生するまでは警察はまともに取り合ってきませんでした。今でも時折、話題に昇ることがありますが、犯人は未だに捕まっていません。