以前のリビジョンの文書です


初めての方はこちら

フィクションです

このWikiは「帝国妖異対策局」という架空の組織に関する活動情報を記述してたフィクションです。あくまで架空の物語であり、現実に存在する組織や団体とは一切関係ありません。

世界観

帝国妖異対策局は帝国妖異譚と呼ばれるシェアワールドの中に存在する架空の組織です。帝国に迫りくる妖異の脅威から人々を護るべく日々活躍しています。ざっとその世界観を以下に箇条書きします。

  • 局長・Hachi・不破寺真九郎ら帝国妖異対策局の面々を中心に妖異の脅威に立ち向かう物語。
  • 基本的には現代日本に近い世界設定ですが、エピソードによって様々に変化します。
  • どのような世界設定であっても、世界の中心は必ず三浦糸按という女性で固定されています。
  • 彼女が死亡した場合その世界は消滅し、そしてまた新たに世界が生成されます。
  • この“世界の消滅と再生成”がこれまで何千億年もの間、繰り返されています。

この世界設定で重要な点は「消滅と再生成が繰り返される世界」(帝国世界と呼びます)にあります。この設定を無理くりなんとかすることによって、本Wikiの各記事においては「同一世界線上の出来事とは限らない」ことを成立させています。つまり各記事間において因果関係や整合性は担保されていません。……つまるところ「前の記事と矛盾するじゃないか」という指摘に対して、

違う世界線なんだよ! 

と無理やり推して参るための帝国世界設定です。

サイト案内

表記ルールというか指針

基本的には、帝国妖異対策局が帝国臣民へ向けて妖異に対する注意喚起を行う記事となっています。そのため表現内容は「建前」的な感じに偏りがちです。そうではないもっと突っ込んだ内容にしたいという場合には、[機密制限]というセキュリティクリアランスを設定します。これは一般臣民には見ることができない、帝国妖異対策局に関連する人や組織のみが閲覧できるようになっています。[機密制限]は記事の中で部分的に使うこともできますし、記事の冒頭で宣言することによって当該記事自体に閲覧制限を掛けることができます。

冒頭部分から機密制限を掛ける場合には2つの方法が存在します。ひとつは、冒頭タイトル表記の次行以降に記述するもので、これは一般の人々も記事タイトルを確認することが可能です。もうひとつは、記事の最初の行に機密制限の宣言をする方法で、この場合、一般の人はタイトル自体見ることができません。※

※DokuWikiの現在設定では、最初の一行がそのまま記事タイトルになります。そのため最初の行に「機密制限」と記述するとそれがそのままタイトルとなります。

ライセンスについて

このWikiの記事は特別な記載がない限り クリエイティブコモンズ 表示 4.0 国際にライセンスされています。異なるライセンスが適用される場合は、各ページに記載されています。よくある例としては記事中の画像や動画に別ライセンスが提供されているというもので、記事の最後に下記のような記載がされていることがあります。

別ライセンス指定の例
”本記事の画像は、クリエイティブコモンズライセンス 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際となります。”

この場合、テキストのみがクリエイティブコモンズ 表示 4.0 国際に設定され、画像部分についてはクリエイティブコモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際ライセンスが設定されているということになります。

当Wikiにおいてクリエイティブコモンズ 表示 4.0 国際を選択したのは、艦これや東方プロジェクトまたはSCP財団等の二次創作可能な作品群とのクロスオーバーを容易にするためです。ただしクリエイティブコモンズ 表示 4.0 国際は[ 継承 ]されるものではありませんので、当Wikiから作られた二次創作品自体には別ライセンスが適用されている可能性があることにご留意ください。

例えば当Wikiの記事とSCP財団の記事をクロスオーバーさせた二次創作品そのものにはSCP財団記事のクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンスが適用されることになります。他の作品の場合も二次作品の著作者が独自の規約を追加しているかもしれません。ライセンスについては十分に注意してご利用ください。

  • 初めての方はこちら.1552779107.txt.gz
  • 最終更新: 2019/03/17 08:31
  • by hachistudio