記事テンプレート

記事を書く際に

・妖異危険情報は[ 帝国臣民 ]に公開されているページです。(現実の)外務省における国・地域別安全情報と同じく、国民に向けて妖異の危険性を伝え警鐘を鳴らすためのものです。

・基本は「ですます調」ですが、例外として
 a. インタビューや体験談部分の語り
 b. 報告書やメモに書かれている文書
   といったような「事実をそのまま公開」するものについては「ですます調」である必要はありません。
 c. 「機密制限」を掛けている部分は、関係者向けの情報となりますので、こちらも「ですます調」でなくてもOKです。
・《妖異危険情報》は表面上、「官公庁が国民に向けて発するメッセージ」なので、内容も表現も『建前』的なものになります。
・各国の諜報機関や各種組織・団体もこの情報を注視しています。その中で帝国妖異対策局と関係が築かれている組織に対しては、“機密制限“というセキュリティを掛けた上で情報を公開します。読者に対して記事の初見時には隠しておきたいという情報にはhiddenタグを使って折り畳むと良いでしょう。

・帝国妖異対策局の員が記事内に登場する場合は局員紹介をご参照の上、キャラクターの性格や性質、口調等をなるべく合わせてやってください。

以下テンプレート。[]内を書き換えて使用してください。


↓↓↓↓↓ ここから ↓↓↓↓↓

TYT-[ 三桁の数字 ] [タイトル]

管理番号: TYT-[ 三桁の数字 ]
妖異通称: [ 通称/俗称 ]
危険レベル: [ レベル0~5 若しくは特種 ]
[ レベル解説。基本《情報の見方》から引用し、必要があれば補正。
対応状況: [ 帝国妖異対策局の現在の対応状況 ]

[ 妖異の映像等 ]

●[ 妖異が関連する事件について ]

●[ 妖異の存在が確認されている場所または遭遇・発生の可能性が高い場所、遭遇・発見事例等 ]

[ 妖異についての解説/資料/インタビュー等 ]

[ 妖異に対して帝国妖異対策局がとっている対応や状況の解説/資料/インタビュー等 ]

[ 妖異に対して掛けられている懸賞金について、出資団体や金額/懸賞金の支払い事例/資料/インタビュー等 ]
↑↑↑↑↑ ここまでテンプレート ↑↑↑↑↑


各項目について説明

★部分は特に著者に向けた説明になります。

タイトル
TYT-000 タイトル
★ヘッダ1に設定します。この部分が記事一覧のリンクに反映されます。

管理番号
TYTに続く3桁(0詰め)の数字になります。
★番号は重複できません。

妖異通称
妖異の通称です。通常タイトル
★二つ名等がある場合は”/”で区切って追記します。

危険レベル
情報の見方から引用します。説明部分については適時補正・追加できます。レベル0~5に当てはまらないものについては、レベルを[特種]として、説明部分で解説します。

対応状況
[現在捜索中]、[排除済み]等、完結に記載します。必要があれば簡単な説明を追加しても構いません。

外観
妖異の画像や現場、対応中の状況等の画像を貼り付けます。

関連事件
事件名の後、改行して概要や事件進捗状況等を記載します。

広域情報
妖異が特定の場所(この記事が書かれた要因となった事件現場等)以外でも発生している場合は、存在が目撃・確認された場所を記載します。必要があれば遭遇・派遣時の状況も記述。

ポイント
妖異に対する説明を記載します。外観や性質等についての詳細やインタビューログ等。
★この[ ポイント ]と次の[ 対応詳細 ]が、この妖異についての[ 物語 ]を記述する部分となります。

対応詳細
帝国妖異対策局の対応や顛末の経緯。例えば捜索・発見・戦闘・回収状況・インタビューログ等について記述しますが、必ずしも一連の流れを全て記述する必要はありません。

懸賞金
どこの団体・組織がどの程度の報酬を用意しているか、及びその条件や期限等を記載します。
バウンティハンター(賞金稼ぎ)は、この項目をチェックして狩りの対象を探しています。
★記事における[ 落ち ]的な使い方になる部分です。特に意図がある場合を除いて、具体的な金額はなるべく記載しないことを推奨します。
★懸賞金は、記事から派生する二次創作の伏線に使うための項目と考えて頂いて構いません。

  • テンプレート.txt
  • 最終更新: 2019/05/16 10:46
  • by hachistudio